FC2ブログ

八重山COLORS

八重山諸島の、見たり聞いたり録。と、オリジナルグッズ。

コモンヤドカリ 小浜の干潟

コモンヤドカリ1
干潟はとにかくおもしろい。
小浜島細崎の比嘉荘前のビーチでコモンヤドカリ発見。
八重山でヤドカリといえば圧倒的にオカヤドカリを目にすることが多いけど
海の中にはこんな個性派も。
コモンヤドカリ2
ヤドカリは貝を持つと慌てて脱出しようとして体を見せてくれる。確かに小紋柄。

ナンヨウツバメウオの幼魚

ナンヨウツバメウオ1
ユラユラ~。枯れ葉に擬態するナンヨウツバメウオの幼魚。
大きくなったら銀色と黒のストライプになるそうですが、小さい時はこんなふうにして危機を回避するらしい。
ひたすらオーラを隠して、目も合わせない。バレてるんですけど。逃げなくていいんですかね?
小浜島細崎、民宿比嘉荘前の干潟で発見。
ナンヨウツバメウオ2
ここまでに近づいてもあくまでも枯れ葉を装う。

ヤシガニ 絶滅危惧II類(VU)〜環境省レッドリスト

ヤシガニ2
小浜島、はいむるぶしで遭遇したヤシガニ。
フラッシュの光に誘われて、どんどんこちらに向かって歩いて来ます。横歩きじゃなくて前に進むんですね。
「強いハサミを持つかなりの雑食」というイメージが強かったのですが、大間違い。
茶色~水色のグラデーション、ポイントに深紅の瞳。どの色もお互いの色彩を高め合い。
ヤシガニがこんなに美しく、シックな生き物だとは思いませんでした。

個体数が激減している割に、対策は何もない状態だそうで。
ヤシガニ料理を食べる事が禁じられている訳ではありませんが、
「一度だけ食べる」旅の楽しみと、八重山にヤシガニがいなくなってしまう事と
天秤にかけるまでもありませんよね。
ヤシガニ

足元まで歩いて来たのですが、「何も面白い事はない」と判断?
今度は警戒したのか、来た道をカメラ目線の後ずさりで消えて行きました。
「挨拶を交わせた」満足感。。。再会を願う。

シロハラクイナ

シロハラクイナ1
小浜島を車で回っていると、シロハラクイナが慌てて車の前を横切ります。慌てて走る姿はとても愛嬌があって微笑ましく、それがヒナを連れていれば、なお。一瞬なので、もう一度見たくなります。
でも彼等は、走る車の前を左の草むらから右の草むらへ・・という危険な横切り方をするので、当然交通事故も多発。。忍びない。
飛ぶのが苦手なシロハラクイナ。慌ててない時は、こんなに「べっぴん」です。この子は特にきれいでした。ね、おKさん

サキシマハブ!

ハブ
サキシマハブ。複雑な模様を見たくて近づきたいのはヤマヤマですが、危険なのでこれが限界。三角頭から舌がペロっ。夜行性なので、昼間はサンゴの石垣の中や草むら芝生などに潜んでいるらしいです。。結構大きい。

サシバ!

サシバ2
これまた感動。おKさんが島内めぐりしてくれた時の事、車の中から差し歯もとい、サシバ発見。
警戒心はあまりなかった。マンボズボン?がお似合いです。
イカすぜ、猛禽類!!!
サシバ1
こういう時のために、望遠も持ち歩けばよいものを。
重いという理由で、こういう粒子の粗い結果になるのだ。。反省。

« Prev|Top

HOME

colorfuldesk

Author:colorfuldesk
沖縄本島から470km南。日本最南端の八重山諸島。

画像は、地元の方々などのご協力で撮影できたものです。
画像、イラスト、ロゴマークの無断転載を固く禁じます。著作権は、全てカラフルデスクに帰属します。

過去の画像ダイジェスト版。
・FAVORITE vol.1
・FAVORITE vol.2


竹富島「南西観光}
竹富島港出発のグラスボートです。
サンゴの森をのぞいてみよう!





南ぬ島石垣空港にて
八重山COLORSグッズ好評販売中です。





東北三陸漁業復興支援チャリティープロジェクト

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー